キャプテン翼ライバルズとは? | 始め方と稼ぎ方を解説【NFTゲーム】

仮想通貨

本記事では、キャプテン翼ライバルズ(Captain Tsubasa Rivals)のNFTゲームの概要、稼ぎ方、始め方について解説します。

本記事の始め方の章でActivation Codeを配布しています。数量限定ですので是非お使いください!

⚽キャプテン翼ライバルズとは?⚽

本記事を読むほとんどの方は、『キャプテン翼』を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

キャプテン翼は、日本で最も有名なサッカーマンガで、年齢問わず多くの方から愛されています。一昔前のマンガだと感じられる方もいるかもしれませんが、つい先日海外プロサッカー選手であるメッシやネイマール、エムバぺ選手もキャプテン翼のライブドローイングイベントに参加しています。

このことから今もなお世界的な支持を得ていることが分かると思います!

キャプテン翼ライバルズ(Captain Tsubasa Rivals)は、そんな大人気サッカーマンガであるキャプテン翼のIPを活用したブロックチェーンゲームです。

既にアンバサダーとして、イニエスタ選手長友選手を起用しています。

ツイートを見ても非常に反響も大きな反響がありますね!

キャプテン翼のゲームの遊び方

このゲームの遊び方は大きく分けて2種類あります。PvE(Player vs Environment)モードとPvP(Player vs Player)モードです。それぞれ解説していきます。

PvEモード

PvEは原作で登場するキャラクターがステージごとに待ち構えており、自分の所有する選手(NFT)を相手と闘わせ、勝利することで$TSUBASAUTトークン熟練度と呼ばれるポイントを獲得することができます。

PvEモードの概要は、上図のようにEnemy’s RPより、自分の数字が高くなるように赤枠部分の数字を足していきます。この合計数字で相手のRP数より高くして、全3ターンの内2ターン勝つと、ゲーム勝利となります。

全3ターンすべてクリアするとTSUBASAUTトークンが最大値もらえますが、2勝のみだと報酬が2/31勝のみだと1/31勝もできないと報酬が0となります。

すなわち、PvEモードは、6個の数字を1ターンで使い切るのではなく、1ターンごとにぎりぎりの数値で勝つことがTSUBASAUTを最大限に獲得するポイントになります。

ただし、ステージが上がるごとに相手の強さが変わるので、一生もできないとTSUBASAUTを獲得できません。

強いステージはやらない方がいいのでは?

そんな疑問を感じる方もいると思いますが、強いステージをクリアすると、もらえる熟練度の値高くなります

熟練度とは、足し算に使われる数字の基礎パラメーターを増やすことができるポイントです。

この基礎数値を上げることで、強いステージがクリアできるようになる他、後ほど紹介するPvPモードでも有利にプレーすることができるようになります。

熟練度は、ゲームに勝利すると必ずもらえますが、獲得数を増やすことができます。

その方法が、ステージごとのBonusです。指定された属性の数字を使い勝つことで熟練度の獲得量を増やすことができます

属性は、『力』、『技』、『速』の3つがあり、上の図の場合『技』を2個使うともらえる熟練度が3%増えるといった感じです!

PvPモード

PvPはCaptain Tsubasa Rivalsをプレーしているリアルなユーザーと戦います。

相手に勝つと選手NFTやミントスクロールが抽選で獲得できる「ライバルピース」を獲得することができます。

対戦は、選手が持つ属性のパラメータを上げることで勝率を上げることができます。勝利するためには、このパラメータを上げることが重要なポイントになります。

PvPだけでなく、PvEモードもバランスよくこなしていくことが大事になってきそうですね。

※PvPモードは執筆時点では、まだプレーできないため後日追記します!

Captain Tsubasa Rivals の3つの稼ぎ方

ここからは、Play to Earnの重要な部分である『Earn(稼ぐ)』の部分にフォーカスして解説していきます。主な稼ぎ方は3つです!

ステージをクリア(PvEモード)

前述した通り、対戦に勝利すると$TSUBASAUTを獲得することができます。このトークンを売却することで、稼ぐことができます。

ただし、NFTのレベルを上げることによって、1日に獲得できる$TSUBASAUTの量を増やすことが可能です。獲得したトークンを売却していくか、トークンを使ってさらに獲得できるトークンの量を増やすかこの判断がポイントになってくるかと思います。

選手NFTを売却

選手NFTをゲーム内のマーケットプレイスにて売却することで稼ぐことができます。

PvPモード編

PvPモードでライバルピースを獲得していくと、新たな選手NFTを獲得することができます。このNFTも売却することができるため、所有する選手NFTの数を減らすことなくトークンを獲得することができます。

Mint編

Captain Tsubasa Rivalsでは、所持する2つの選手NFTを使用して新たな選手を生成(Mint)することができます。

Mintには、選手NFT2つの他にミントスクロールと$TSUBASAUTが必要になりますが、最大7回までMintすることが可能です。

Mintすることで、選手NFTを1つ増やすことができるため、売却することでトークンを獲得でき稼ぐことができます。

ただし、PvPでもMintでもNFTの数は増えますが、NFTが増えるとPvEモードでプレーできる回数(Energy数)が増える($TSUBASAUTの獲得量が増える)ため、NFTをすぐに売却するのが必ずしも正しい稼ぎ方とは断定できません。原資回収を先にしたいか、あるいは、大きなリターンを勝ち取りたいか、この辺りを自分の中で落とし込んだうえで、選手NFTの売買は考えていきましょう。

参考のNFTの数量としては、PvEモードでのNFT数によるEnergy数を一つの指標としてNFTの数量を決めるといいかもしれません。詳細はWhitePaperをご覧ください。

ゲームの始め方

ゲームを始めるために、NFTの購入が必要です。NFTの購入までの流れを一つずつ解説していきます。

1. アプリへ登録&Activation Codeの入力

まずは、キャプテン翼公式アプリへ登録します。

登録には、電話番号、メールアドレスが必要となります。

さらにキャプテン翼のゲームは、『Activation Code』が必要です。すなわち、招待制を採用しているため誰かに招待してもらわない限りゲームをプレーすることができません。

※招待コードを数量限定ですが、置いておきます。他の方が使う前に登録だけでもしておきましょう。

① i3LLCtwy

② vprbcddk

③ wDpeeLsC

④ x4GJTLTa

⑤ yaZeuzzC

もし全て使用済みとなっている場合は、筆者のTwitterアカウントにDM頂ければお送りいたします!

2. 取引所でPolygon(MATIC) を購入

アプリの登録が完了したら、$MATIC を購入します。

MATICは、選手NFTの購入や取引にかかるガス代などに必要です。多めに準備しておきましょう。

MATICの取得方法は以下の通りです。

◎国内取引所 BITPOINT で仮想通貨MATICを購入

MATICは国内の有名取引所であるbitFlyerでも購入できますが、このMATICはEthereumというブロックチェーン上に存在するものでCaptain Tsubasa Rivalsのゲームでは使用することができません。

【※重要:異なるブロックチェーン間でトークンの送金を行うとすると資産が失われる可能性が非常に高いです。】

ゲームで採用されているPolygonというブロックチェーン上に存在するMATICを購入するのであれば、国内取引所であるBITPOINTがおすすめです。

BITPOINTは仮想通貨の取り扱い数も多いためおすすめの取引所です。是非ご活用ください!

3. 購入したPolygon(MATIC) をRIVALS のウォレットに送付する

MATICを購入したら、ゲーム画面に戻りましょう。

アプリの右上の財布マークを押すと、MATICの受取り用のアドレスが表示されますのでそこに購入したMATICを送金しましょう。

4. RIVALS 内のMarketplace にてNFT を購入

SHOPから欲しいNFTを見つけて購入します。好きなプレイヤーで選ぶも良し、図柄で選ぶも良しです。

せっかくTSUBASAUTを稼ぎたいのであれば、Efficiency、Resilence、Luckの値が高いもので、Mintの数が0or1の少ないものを選ぶのがおすすめです。

購入したら、Inventoryを押すと自分が獲得したNFTが表示されます。これでゲームをプレーできるようになります!

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、キャプテン翼ライバルズのゲームの概要、稼ぎ方、始め方について解説しました。

また、筆者はゲームの情報についてツイッターで発信しています。

是非、Twitterアカウントのフォローお願いします!

※追記

実際にゲームをプレーしてみて稼ぎ方のコツがつかめてきたので、攻略方法を記事にしました。併せて読んで見てください!🌟

タイトルとURLをコピーしました