【バーコードスキャンで稼ぐ】NFTゲーム SCANNNERとは?

BCG

弁当や飲み物などのラベルについている『バーコード』。日常でバーコードを意識することなどほとんどないと思いますが、かなり身近にありますよね。

そんな、バーコードをスキャンすることで仮想通貨を獲得できるNFTゲームSCANNNER(スキャンナー)」が今非常に注目されています。

筆者も実際にプレーしているのですが、この仕様がとにかく面白いです。

今回は、SCANNNERとはどんなゲームかゲームの遊び方始め方稼ぎ方について初心者向けに解説します!ちょっとした攻略法も記載したので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

目次

SCANNNER とは?

SCANNNERとは、バーコードをスキャンして、NFTを生成しバトルして稼ぐ「SCAN TO EARN(スキャンして稼ぐ)」という新たなカテゴリーのNFTゲームです。

チームには日本人が多く在籍しており、ゲームも日本語対応、公式の日本語Twitterもあるため、英語が苦手な人でも安心して遊ぶことができるのが魅力の1つです。

チェーンはSOLANAチェーンを採用しており、トークンは$SOLのみ使用します。

注意しなくてはいけないのは、Phantom WalletというSOLANAチェーン対応のWalletが必要になることです。後ほど細かく解説します。

SCANNNERの遊び方と稼ぎ方

ゲームの遊び方は、以下の通りです。

①Scannerというスキャンするために必要なNFT(1SOL)を準備

②スキャンしてキャラクターNFT、装備NFTを入手

③キャラクターNFTと装備NFTを合成してバトルに参加

ScannerNFTは、1個につき50回までスキャンすることができます。上の左図のBatteryというのがすぐにスキャンできる回数です。1日に4回までスキャンすることができ、6時間ごとに1つBatteryが回復します。

要は 総スキャン回数&スキャン回数に上限を付けるNFTの過剰供給を避ける

という工夫が施されているわけです。

SCANすると、携帯のカメラが起動しバーコードをスキャンすると右の図のようになります。Addを押すといよいよNFTが出現します。

生成されるNFTは、キャラクターNFT武器NFTアーマーNFTの3つでそれぞれ特定のロジックに沿って出現します。

左図がキャラクターNFTで、真ん中がアーマーNFTです。出現するNFTにはそれぞれ個体値が割り振られており、この値が高ければ高いほどバトルに出したときに勝てる確率が高いです。なので、真ん中の0とかハズレです。

この3種類のNFTを合成することで、ヒーローとなりバトルに参加させることができるようになります。

ちなみに、強いNFTは出たけど、キャラクターNFTに偏ってて合成ができないといった不要になるケースがあると思います。そんな時はNFTを売ることができます

NFTのマーケットプレイスのリンクは、以下の4つです。

Magic Eden

Tensor

うまく活用することがこのゲームの攻略のカギです!

バトルの報酬が熱い!

バトルはシーズン制で、シーズンごとに分配される報酬額、報酬の分け方が異なります

Whitepaperに最新の情報が載っているので、基本的にはそちらを確認するようにしましょう。

執筆時点(2024.1.27)でシーズン4のバトル1が開始されています。

バトル1は、参加者全員で敵のヒットポイントより多いバトルポイントで勝負をすると勝ちとなり、Battleポイント数に応じて、SOLを獲得することができます。

例えば、シーズン終了までにバトル1まで突破した場合、5SOLを全員で分配、バトル3まで突破した場合、15SOLを全員で分配といった感じです。

今シーズンは、ゲームプレイヤー全員で協力してボスを倒すことが求められます。すなわち、自分が弱くてもステージが突破できれば、SOLを必ず獲得することができます。

さらに、バトル2以降は、上位20名に強い武器も付与されるので次回の戦闘も優位に戦うことができます。

1シーズンの報酬プールに総額30SOL(約40万円)が用意されているので、みんなで取りに行きましょう!!

<strong>サイトウシ</strong>
サイトウシ

バトルは途中からでも参加できるよ!みんなも参戦しよう!

SCANNNERの始め方

常にバトルが開催されているわけではありません。開催されていたとしても、参加条件を満たしてなく参加できない場合があったりします、ちょうどシーズン4が開催されたばかりなので、始めるタイミングとしては悪くないと思います。

ということで、これから始める方向けに画像付きで解説します。

①Phantom Walletのダウンロード

まずは、このゲームに必須のPhantom Walletの開設です。Phantom Wallet公式ページよりアプリをダウンロードしましょう。

アプリのダウンロードが完了したら、ウォレットの作成とSOLの入金を行います。こちらはそこまで難しい作業ではありませんが、もし躓いてしまったらこちらの記事を見ながら入金してみましょう。

NFT購入費用の1SOL(or 2SOL)とガス代の0.1SOLあれば十分足りると思います。

②Phantom WalletとSCANNNERサイトの連携

SCANNNERの公式サイトにアクセスしてPhantom Walletと連携しましょう。

万が一、Connect Walletで連携できなかった場合、Phantom Walletの検索窓にゲームのサイトのURLを直打ちすると連携することができます。

③ScannerNFTの購入

公式サイトを開くと、Phantom Walletに入金したSOLがCrypto Walletに反映されてるはずです。

SOLをGame Walletへ送金し、ScannerNFTを買います。

購入すると、50回スキャンできるようになります。これでゲームが開始できます!

最後に(攻略トピック)

いかがでしたでしょうか?

今回は、SCANNNERとはどんなゲームか、ゲームの遊び方、始め方、稼ぎ方について解説しました。

このゲームは、シーズン制なので、早く参入した遅く参入したという違いはほとんどないです、強いてゆうと、前シーズンで強い武器を獲得した人は少し有利になることがあるかもぐらいです。

ここから少し攻略トピックの話となります。

バトルの際相手のヒットポイントより自分のバトルポイントが高いことが勝利のカギになるのですが、自分のバトルポイントは、ヒーローNFTの4つのステータス(HP/攻撃/防御/俊敏性)の合計値ではないことがしばしあります。

というより、ほとんど合計値ではありません。

自分のヒーローのバトルポイントの算出方法は、バトルごとに異なります。例えば、HP×2+攻撃×0+防御×2+俊敏性×0など。なので、シーズンが開始されてからバフのかかっているステータスに特化したキャラを作ることがおすすめです。

あと、これはほんとかどうか知りませんが、バーコードの下何桁が○○だと強いNFTが出やすいなど攻略が一部飛び交ってたりします。NFTの生成は完全ランダムではなく、特定のロジックに沿っているので、本当かもしれません。公式のDiscordに参加してる方に聞いてみるのもいいと思います。

では、今回はこのへんで!

Giveaway合言葉:自分のTwitter アカウントの名前の最後の1文字

例:サイトウシ 🍎 BCG×マイニング であれば、合言葉は「グ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました