【NFTゲーム】キャプテン翼-Rivals- | どのくらい稼げるか。原資回収の日数を考察

BCG

こんにちは、サイトウシです!

ようやくNFTゲーム「キャプテン翼Rivals」の原資回収が近づいてきました。

NFTパックの引きが良かった方は、既に原資回収完了している方もいるようです。

ということで、今回はゲームの参入を迷っている方向けに、本ゲームをプレーすることでどのくらい稼げるか、また原資回収までどれくらい稼げるのか解説していこうと思います。

なお、執筆時点でゲームプレーはPvPモードが実装されていないため、PvEモードでの稼ぎのみお伝えします。

PvPモードやPvEモードの違いについてまだ分かってない方は、ゲームの概要を『キャプテン翼ライバルズとは? | 始め方と稼ぎ方を解説【NFTゲーム】』の記事で解説してますので、先に読むことを強くオススメします。

NFT1個でどれだけ稼げるか?

先日公開されたCaptainTsubasaRivals公式のニュースレターでは、NFT1体(レベル9)におけるTSUBASAUTの獲得シミュレーターが公開されていました。

この図の赤丸で示している部分は、リフレッシュと呼ばれる、選手のフィジカルコンディションを回復するために必要なものです。

ここがSTEPNと違うポイントで、CaptainTsubasaRivalsには、「ある程度レベルを上げたら後は稼げなくなる」という特徴があります。

話が少しずれてしまいましたが、この図によると1つのNFTで120日頃に約1,000TSUBASAUT(94,900円)を稼ぐことが出来るようです。

ただし、TSUBASAUTを引き出すには20%の手数料がかかるため、実質稼げるのは94,900円×0.8=75,920円となりそうです。

原資回収までどれくらいかかる?

初歩的な内容ですが、原資回収の考え方についておさらいです。

CaptainTsubasaRivalsでの原資回収の計算方法は以下の通りです。

原資回収日数=(NFT購入金額+リフレッシュ費用)/(1日に稼げるトークン価格/120%)

では、この式を基に実際に現在のNFTマーケットプレイスの価格とトークンの価格を例に考えていきましょう。

現在のマーケットプレイスでは、NFT1枚の最安値が166MATIC(295.7 $TSUBASAUT)で販売されています。(※日本円での初期投資金額としては、約25000円ほど必要となります。)

レベル9のNFTではゲームをプレーすることで、約11TSUBASAUT稼げます。(※実際にはもう少し稼げますが、レベル9までのレベル上げ費用を考慮してこの値にしています。)

ただし、TSUBASAUTを利益確定させる際に手数料として出金する金額に20%加算した金額が取られるため、11TSUBASAUT/120%=9.17TSUBASAUTが実際の1日の稼ぎとなります。

NFTの価格が295.7TSUBASAUTなので、リフレッシュは1回(130TSUBASAUT)必要ということが分かるかと思います。

よって、

(297.5(TSUBASAUT)+130(TSUBASAUT))/9.17(TSUBASAUT/日)=46.6日で原資回収することができます。

原資回収期間が変わる可能性について

ここまでで、原資回収までに約1カ月半かかるとお伝えしましたが、この回収期間が変動する可能性があるのでその点に触れたいと思います。

①トークンの価格が変動する場合

まずは、トークンの価格が変動する場合です。これは、CaptainTsubasaRivalsに問わずNFTゲーム全般に必ず付きまといます。

TSUBASAUTの価格がMATIC建てで上昇すると、原資回収期間は短くなりますし、反対も然りです。一般的にはビットコインの価格と連動しますので、市況が悪い時はしょうがないと思うしかありません。

※ここからは、個人的な考察パートです。

正直、TSUBASAUTの価格が大幅に下落する(TSUBASAUTを利確する人が増える)と、ゲームは終わりを迎えます。

といったリスクがある中で、CaptainTsubasaRivalsのTSUBASAUTトークンは他のゲームと比べ圧倒的にユーティリティーが多く設計されていることから利確がされにくいです。まだ実装されていないPvPモードでは、VSパラメータが高くすることでゲームを優位にすすめることができることが予想されます。

そのため、今からVSパラメータを貯めるために、PvEを回るNFTの準備やレベル上げが発生するためまだまだ利確のフェーズは先に持ち越されるかと思います。

さらに、下落時に運営の買い支えがあることを踏まえると、割と長く続くのではないかと考えています。

また、私が始めたときは、原資回収まで60日ぐらいですが今は50日を切っています。NFTの価格も落ち着いてきていてトークンの価格は上がっています。たまに、NFTが格安出品されているのでじっくり見て最初のNFTを選ぶことをおすすめします。

②NFTの選び方とパラメータの振り方

NFTには個体値があり、同じレベル9のNFTでもTSUBASAUTの価格は異なります。また、レベル上げに伴い獲得したパラメータの振り方(EfficiencyとResilience)によって大きくTSUBASAUTが獲得できる差が異なります。

例を出します。

Twitterより引用

こちらは、CaptainTsubasaRivalsのゲーム攻略に全てを捧げているアットさんが検証および作成した図です。

NFTのレベルを14まで上げたときに、Efficiency(獲得効率)とResilience(耐久性)をどういったバランスで割り振るのが最適なのかということが分かる図なのですが、1番左(収支:583$TSUBASAUT)と左から2番目(収支:632$TSUBASAUT)のパラメータの割り振りでは、1リフレッシュするまでに50TSUBASAUTの獲得数が変わるのです。

このゲームは、歩かないSTEPNとも呼ばれていますが、STEPNと同じ感覚でパラメータを振り分けるのはあまりおすすめできません。困ったら公式Discordにて有識者に意見を貰ってみるといいかもしれません。

最初のNFTの選び方や割り振り方に困っている方は、下記の記事を読んで幸先の良いスタートダッシュを切りましょう!

原資回収を早める裏技

ゲームプレーを既にしている人はちゃんと理解している方も多いので、裏技と呼べるほどの手法ではありませんが知らない人用に原資回収を早める方法をご紹介します。

まず、原資回収の式をもう一度出します。

原資回収日数=(NFT購入金額+リフレッシュ費用)/(1日に稼げるトークン価格/120%)

今回は、この(手数料20%)を減らす方法についてです。

手数料20%はTSUBASAUTのみにかかります。つまり、MATICの出金にすれば手数料を0にすることが出来ます。

そこで活用するのがMintです。

Mintは2枚のNFTと2つのMintスクロールと350TSUBASAUTを掛け合わせることで新たなNFTパックを作り出すことです。(現在は、ミントアイテムが配布されているためNFT1枚と350TSUBASAUTのみでOK!

現在、マーケットプレイスではNFTパックが最安で192MATICで販売されているため、実質350TSUBASAUTを192MATICに変えることが出来ます。

厳密には、マーケットプレイスで販売すると販売手数料として6%取られるため実質手元に残るのは、180.48MATIC(321.868TSUBASAUT)となります。

一方、350TSUBASAUTをウォレットへ手数料を払って送金すると291TSUBASAUTしか手元に残りません。

そのため、Mintすることにより30TSUBASAUT分多く手元に残すことが出来ます

非常に簡単な裏技ですね。知らなかった方は即実践してみましょう。

最後に

今回は、CaptainTsubasaRivalsをNFT1枚でいくら稼げるのか、原資回収まで何日かかるのか、原資回収期間に関する注意点と、原資回収を早める裏技について解説してみました。

この記事が役に立ったら、拡散と筆者のTwitterのフォローをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました