【 売り切れ 御免】Binance (バイナンス)で ステーキング する方法・ やり方 を解説~ADA編~

ADA

Binance ( バイナンス )は大手有名の海外取引所で、日本だけでなく世界中の仮想通貨ユーザーに幅広く利用されています。中でも ステーキング の利率が大手仮想通貨取引所と比べ、高いことがユーザーにとってメリットが大きいのではないでしょうか。

今回は、今注目されている ADA を例にBinanceでステーキングする やり方 と知っておくべき注意点について解説していきたいと思います。

ステーキングとは

ステーキングとは、PoSを採用したブロックチェーン上で行われた取引を承認する作業のことです。この作業を行った報酬として、仮想通貨を得ることができます。ステーキングは、マイニングやハーべスティングと似たような概念ですが、これらの違いは採用しているコンセンサスアルゴリズムにあります。

マイニングは莫大な計算を電子計算機で処理し、計算処理を行ったものに報酬が支払われます。一方、ステーキングの場合、所持しているコインをロックすることで、ロックしていた期間に相当する報酬を得ることができます。

Binance で” ADA “をステーキングするメリット・デメリット

Binanceでステーキングするメリットは、なんといっても利率の高さです。Binanceの場合は基本的にステーキングする期間に応じて、年率が設定されています。ステーキング期間は30日、60日、90日とあり、ADAの場合は30日で5.09%、60日で7.79%、90日で8.38%と期間の長さに応じて年率が設定され、商品パッケージ化され売り出されています。

人気の商品は上図のように売り切れとなっており、他の通貨を見ても90日のものはよく売り切れ表示になっていることはよくあります。

今回は、ADAを例に出しましたが、他の通貨だと年利10%を超えるものも多くあるため、年率を重視する方にはBinanceでのステーキングがおすすめです。

一方、Binanceでステーキングするデメリットは、ロックがかかることと秘密鍵をBinance側に預けていることがあげられます。

Binanceは、上述した通りロック期間に応じてステーキングの利率を設定し”商品”として売り出しています。ポイントは、ロック期間中引き出すことができない点です。ADAの利確や損切りがしたくても引き出すことはできません。

また、Binanceに秘密鍵を預けてるというのはステーキングにおいて大きなリスクで、これはADAに限りませんが万が一Binance側に大きな問題が発生した場合ロックされている資産を解除できないどころか、まるごと資産を失うリスクが発生します。

Binanceは、情報管理などのセキュリティー面でイギリス内での事業禁止を警告されたり、不正アクセスなどの報告も上がっているため多少不安定な要素は否めません。メリットとデメリットを自己判断し、ステーキングを行う方法を決めましょう。

ADA専用ウォレットであるYoroiを使ったステーキング方法については、こちらの『【 利率 5%】ADA のステーキング方法を解説~Yoroi(ヨロイ)編~』記事より解説しています。判断材料として参考にしていただけたら幸いです!

Binance で” ADA “をステーキングする やり方

BinanceでADAをステーキングするやり方を説明していきます。

まず、Binanceの口座にADAを入金します。BinanceでADAが購入できますので、日本の取引所であるCoincheckGMOコインなどで日本円⇒BTCへ交換してから、交換したBTCをCoincheckへ送金しましょう。

マイニングをしてる方のみできる裏技ですが、日本の取引所を介さず ADA をBinanceへ入れることもできます。

やり方は『【Unmineable】マイニングでCardano(ADA)を獲得する方法』の記事にて解説してるので、気になる方は是非やってみましょう。

そもそもBinanceの口座開設ができてない方は、下記の記事よりお得に口座開設できます。

BinanceにADAを入金完了させたら、Binanceのステーキングページに移ります。(ステーキングページはこちら

ステーキングのページへ行くと、『定期ステーキング』と『Defiステーキング』が選ぶことができます。定期ステーキングをクリックし、赤枠の検索部分に『ADA』と入力すると上記のような画面が表示されます。

期間は30日、60日、90日と選択することができ、期間に応じたAPYが緑色で表示されます。自己判断で、ロック期間を選びましょう。

ロック期間を選ぶと、ステーキングするADAの量を設定できる画面へ移行します。ここでロックした金額がステーキングの対象になるので、ステーキングする分のみ入力しましょう。ステーキング額を入力したら、Binanceのステーキング利用規約を読み、同意して承認を押します。

ステーキングが完了すると上記の画面で、ステーキングの状況を確認することができます。これでステーキング完了です。ステーキングが正しく行われているかは、こちらより確認することができます。

まとめ

今回は、今注目されている ADA を例にBinanceでステーキングする やり方 と知っておくべき注意点について解説しました。Binanceでステーキングできる銘柄はADA以外にもたくさんあります。高APYなので、資産を増やしたい方にはおすすめですが、同時にBinanceが資産を管理するというリスクは忘れないようにしましょう。

Binanceをメインに資産運用する方へ、マイニングで資産を増やす方法も解説しています。気になる方はこちらも併せて確認してみましょう。『BinancepoolでETHをマイニングする方法を誰でも始められるように図解します

コメント

  1. […] Binanceでステーキングも検討する方は 『【 売り切れ 御免】Binance (バイナンス)で ステーキング する方法・ やり方 を解説~ADA編~』の記事でステーキング方法を解説していますので比較し […]

  2. […] やす方法は『【 売り切れ 御免】Binance (バイナンス)で ステーキング する方法・ やり方 を解説』の記事にて解説しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました